水道の水の出が悪くなった場合の修理や対応方法

水道蛇口のトラブルとして、水の出が悪くなる場合もあります。経年劣化に伴う部品の不具合や断水などのケースが考えられます。

■水道蛇口の部品の不具合の場合

鉄製の配管の場合は、微量の鉄さびが水に入り込んでしまうことで、フィルターの詰まりに繋がります。これらの症状の際にはブラシなどを使って清掃をすることで症状が改善されます。取り外しの方法については説明書や購入した商品のホームページで確認すると良いです。他の蛇口が水量が減っている場合には、水圧若しくは設置されている機械・排水管の問題が想定されますので、専門業者に依頼することがおすすめです。
蛇口のハンドル部分が硬くて動かしにくい場合ですが、概ね内部のバルブに原因があります。ハンドル式蛇口では、簡単な修理で良い場合は工具が揃っていたら、ホームセンター若しくは業者から、同じ型番のバルブを取り寄せます。その上で自分で修理をする流れとなります。シングルレバー式の場合は複雑な構造ですから、相応の技術・工具を揃える必要があります。

■水が全く出ない場合

完全に水道が出なくなった場合は、単純な故障は考えにくいです。まずは他の水道からも水が出ないのか確認します。家の中のどの水道からも水が出ない場合は、一旦すべての水道の蛇口を閉めましょう。水が出ない原因が断水だった場合、復旧した際に水が出しっぱなしになる恐れがあるためです。近所でも水が出ないという場合には断水の可能性や、大規模な漏水が原因であることが考えられます。慌てずしばらく様子を見るか、若しくは市区町村に相談すると良いでしょう。

■まとめ
水道蛇口で水の出が悪い場合は、バルブにごみが詰まっていたり、部品の劣化によるケースが多いです。自分で直すことが難しい場合若しくは、バルブ以外の問題が生じている場合は、専門業者による点検・修理の流れとなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ