水道蛇口の水漏れトラブルと修理について

水道蛇口には設置する水場に合わせて作られていますが、毎日使用するものであるため、期間の経過とともに何かしらのトラブルが発生することも多いです。症状によっては自分で修理することが可能な場合もあります。水漏れが発生しやすい箇所と、その原因について紹介します。

■先端から水滴が落ちる場合

蛇口をしっかりと閉めていても、先からぽたぽたと水が滴る状態となってしまい、しっかりと水が止まらないことがあります。原因は蛇口の形状によって異なりますが、バルブの不具合であることが多いです。ハンドルタイプ・シングルレバータイプそれぞれに、バルブのパッキンが劣化したりごみが隙間に挟まり、蛇口がしっかりと閉まらないために水漏れが起きます。例えば、ハンドルタイプの修理では、まず止水栓で水をとめた後にハンドル・バルブを取り外します。ごみなどの異物の詰まりが原因である場合はバルブの掃除をすることで解決しますが、直らない場合は部品交換が必要です。簡単な修理のレベルでは、ホームセンターなどで販売している部品・工具で間に合います。

■蛇口以外から水が漏れる場合

バルブの故障が原因の場合、ハンドルの下部から水が漏れることが多いです。また、パッキンの劣化や汚れが原因の場合は、水の通り道であるスパウト部分の上部から水漏れします。この他に、カードリッジを使用している場合は、押さえが緩んでいる場合が原因の一つです。シングルレバータイプでは、バルブを交換すれば水漏れが解決することが多いですが、やや複雑なつくりとなっています。分解が難しい場合は、自分で修理することはやめましょう。パッキンが破損していないか確かめて、水洗い・部品交換をします。スパウト・バルブは内部のキズなどを確認し、状況によっては交換する流れとなります。

■まとめ
水道蛇口の種類に合わせて、自分で出来る範囲の修理・清掃が困難な場合は専門業者に水道 工事を依頼することがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ